カナデルプレミアホワイトの栄養成分とそれぞれの役割

カナデルプレミアホワイトには美白を実現させる成分が含まれています。その成分のひとつとして、美白成分「ビタミンCエチル」が挙げられます。

 

お肌に関する悩みといえば「シミ」です。以前からシミ抑制の働きをする商品というものは数多くありました。カナデルプレミアホワイトには他の商品になかった、水溶液ビタミンCであるビタミンCエチルが配合されています。ビタミンCエチルの画期的な点は、シミそのものではなくシミが生成される原因自体に直接影響を与えることです。

 

お肌のなかにあるビタミンCはシミや色素沈着の原因となるメラニンを抑制させる働きがあります。しかし、お肌のなかのビタミンCが不安定な場合、しっかりとした働きをすることはありません。そのようなビタミンCの安定性を向上させてお肌に良くなじむ成分なのが、ビタミンC誘導体です。この成分は、酵素反応を経由しないとメラニンへ反応することのない成分です。

 

一方でビタミンCエチルは、酵素反応がなくてもビタミンCとしての機能が働くため、ビタミンCより速攻性・持続性の高い働きをする成分です。ビタミンCエチルは、独自の働きがけでシミの原因となるメラニンの、さらにその前の状態であるプレメラニンの活動を抑制します。メラニンの黒化および生成の抑制、抑制を持続させる能力があるのが、カナデルプレミアホワイトに配合されているビタミンCエチルなのです。

 

また、ビタミンCエチルは、従来の商品に配合されているビタミンC誘導体と比較した場合、2.7倍もの含有量となっています。美白促進において重要な働きをするビタミンCが、従来の商品よりも多いことが、カナデルプレミアホワイトの機能性の高さを物語っているといえるでしょう。

 

カナデルプレミアホワイトのもうひとつの売りは「ボタニカルブライト13」が配合されていることです。ボタニカルブライト13とは、「カナデル」が厳選した植物由来の成分13種類の総称を指します。この13種類の成分は整肌成分7種・保湿成分4種・エモリエント成分2種によって成り立っています。エモリエント成分とは、紫外線からお肌を守るバリア機能を高める成分です。

 

整肌・保湿・エモリエントという、大きく分けて3つの働きをする合計14種類の成分が、美肌を促進させるサポートの機能を果たします。

 

また、カナデルプレミアホワイトは、これらの有効成分がお肌の角質層にしっかりと浸透するように、クリームタイプとなっています。お肌の奥まで成分が届くことによって、シミの原因であるメラニンの生成・沈着を抑制することが可能となるのです。

 

★カナデルプレミアホワイト:配合成分一覧★
トウキ根、ヒマラヤンラズベリー、スターフルーツ、セキセツソウ(ツボクサ)、ソウハクヒ、甘草、エンメイソウ、ユキノシタ、ウメ果実、スクワラン、メドウフォーム油、オウゴン、キウイエキス、カンゾウフラボノイド、トウキエキス(1)、ウメ果実エキス、ユキノシタエキス、ツボクサエキス、クワエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、スターフルーツ葉エキス、ヒキオコシエキス(1)、オウゴンエキス、濃グリセリン、テトラ2−エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、1,3−ブチレングリコール、モノステアリン酸ポリグリセリル、ジプロピレングリコール、親油型モノステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、メチルポリシロキサン、無水クエン酸、クエン酸ナトリウム、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール、香料